がんを治す潜在力の強化|睡眠時無呼吸症候群 は治療で治せ|知らない間に訪れる病

睡眠時無呼吸症候群 は治療で治せ|知らない間に訪れる病

男性

がんを治す潜在力の強化

カウンセリング

免疫力低下させる抗がん剤

手術で腫瘍を切除するのが唯一の治療法だった時代も過去の話となり、現在では薬でがんを治す抗がん剤治療が普及しています。中でも手術不能と診断された進行がんの場合では、抗がん剤が唯一の治療法とも言われています。しかしながら抗がん剤は副作用の点で大きな課題を抱えており、副作用を抑えた分子標的薬は誰にでも適用できるわけではありません。抗がん剤の副作用としては脱毛や吐き気などがよく知られていますが、無視できないのが免疫力を低下させてしまうという点です。抗がん剤はがん細胞ばかりでなく正常細胞も区別なしに攻撃してしまいため、一連の副作用が生じます。NK細胞やT細胞といった免疫細胞もまた、抗がん剤の攻撃によって多く失われてしまうのです。がん免疫療法は抗がん剤の弱点をカバーし、それらの免疫細胞を強化することでがん細胞を退治しようという目的のもとに開発されてきました。がん患者はもともとがん細胞を自力で退治できるだけの潜在力を持っていますが、がんを発症するとNK細胞など免疫細胞の活動が低下してしまいます。加齢によっても減少が避けられない免疫細胞を体外に取り出し、増殖活性化させる方法が研究されてきたのです。

NK細胞が活性化可能に

あらゆる免疫細胞の中で最も強力な攻撃力を持つと言われるNK細胞は、がん抗原の有無に関わらず正常細胞でないと判断するや否や直ちに攻撃を開始します。がん抗原を目印にして攻撃するT細胞を使う免疫療法と比べ、NK療法は早く効果を発揮できる点が大きなメリットです。NK細胞はT細胞と比べて培養が難しいとも言われてきましたが、近年の技術向上によって大量増殖が可能になりました。技術的困難を乗り越えて実用化されたNK療法は、現在では多くのがん専門病院やクリニックで導入されています。NK療法を受けると活性化されたNK細胞の活動によってある程度の発熱は生じますが、抗がん剤に比べると副作用ははるかに軽いと言えます。NK療法は手術できないほどがんが進行したケースばかりでなく、手術後の再発予防にも高い効果を発揮しています。どれだけ上手に手術しても、目に見えないがん細胞が残されている可能性は否定できません。難治性と言われる膵臓がんはもちろん、肺がんや大腸がん・肝臓がんなど多くのがん治療にNK療法が併用されています。応用性の高いNK療法がさらに普及すれば、命を救われる患者さんも増えるものと期待されているのです。